私は中学生の時に、高校受験のストレスによって拒食症になってしまったことがあります。 親にはなかなか本心が言えず、毎日行きたくない塾に行って、テスト前になるといい点を取らなくちゃとプレッシャーで、無意識にたくさんのパンやご飯やお菓子を食べて、みんなに隠れてトイレで全部吐いていました。 勉強しなくちゃと思うとストレスで胃が痛くなり、無償に食べたくなってすごい勢いで食べてしまうんです。 しかしその後全部吐くので、その当時の私はとても痩せていて生理も止まってしまいました。 その後無事に高校に合格すると、ストレスもだいぶなくなり、だんだん吐かないで食べられるようになってきました。止まっていた生理も一年ぶりくらいにちゃんと来るようになって一安心しました。 ストレスを一人で溜め込むのは本当に危ないことだと思います。もっと親や友達に自分の気持ちを相談したりすればよかったな、と今になって思います。 これからはストレスを溜め込まないで、少しずつ自分なりのストレス発散方法を見つけていきたいです。